6月, 2016

若い男女を対象

米ニューヨーク州立大ゾスティンガルシア教授研究チームは昨年末特定遺伝子タイプが浮気と深い関連があるという論文を米オンライン科学ジャーナルフロス円(PLos ONE)を通じて発表した。 易しく言って ‘カサノバ遺伝子’を持った人が別にいるというのである。 研究チームは 181人の若い男女を対象で経験とドーパミンD4スヨングチェ(DRD4) 遺伝子形態を調査した。 DRD4は神経伝達物質であるドーパミン(dopamine)を受け入れる中枢神経スヨングチェ(D1~D5) 中一つだ。 飲酒 · 賭博など刺激的な感じを探す行動と関連あることと知られている。 研究チームによれば調査対象者の中で特定の遺伝子塩基序列繰り返し構造(7R+、最小 1回以上 7単位繰り返しが現われる場合)を持った人が四人中一人(約 24%)ざまであったが、これらはそうではないグループ(7R-)に比べて二倍近く ‘浮気’が強かった。 普通グループは 24%が 1回性性関係(one night stand) 経験があると回答したが、これらは 45%が同じ答をした。 外道経験もそれぞれ 22%と 50%で似ている格差を見せた。

探偵学園Qのドラマや動画

学会誌である ‘心理科学’に発表した論文を通じてだ。 ラムモス教授研究チームは専門職を対象にする雑誌購読者 1561人に外道経験あるいは今後の医者をアンケート調査した。 連れて ‘自らいくら力があると思うか’ ‘普段危険を冒す挑戦的性格か’ ‘家族と離れているか’ などを尋ねた。 その結果 “私は力が強い人”と言うのは自信感を表明した人であればあるほど外道性向が高く出た。 性別、家族との同居可否、性格などの変数は結果に大きい影響を及ぼさなかった。

 

 

離婚をするため探偵に調査を依頼する

浮気をされてすっかり夫婦の関係が冷え切ってしまったという場合には、離婚をするため探偵に調査を依頼する場合も多いと思います。 Read the rest of this entry »

カテゴリー
お気に入り