シャーロックホームズ

どの国であるか捜査機関の能力に満足する人間と言うのは珍しいから結局小説、マンガ、映画、ドラマ等多くの媒体(特にミステリー物)では探偵が犯人をつかみ出して事件を結末をつける重要役目に描写されたりする。 特に探偵と言うのはイメージは一種の象徴のように固まるようになったしシャーロックホームズという巨大なアイコン的キャラクターによって探偵を連想させるコードが整形化されている。 煙管、短いマントと連れされたロングコート、鳥打帽は古典的な組合。 現代物での探偵は中折れ帽子にコートを着けた背の高くてハンサムであったし冷笑的で皮肉るのを好きな前職警察、だから探偵を目黒区で依頼なら!浮気調査や人探しなど失敗しない探偵ならココに相当な影響を受けた。
すぐれた探偵は名探偵と呼ばれてフィクションでよく見える無能な警察と対照されるすぐれた観察力と推理力、自由で合理的、融通的な思考と行動で驚歎を買う。 それだけ普通人と精神世界が 100万光年は落ちていて(シャーロックホームズだけでも … ) 探偵が素材であるギャグ、ファンタジー物も数を知らぬ程多いこと。 桐生あいさつエコー探偵事務所の桐生であるサエコの場合ではなく探偵であって超能力、魔法に外界人も分かって過ごす非日常的な人物。 逆に探偵ではないのに事実上探偵役をするキャラクターも登場して逆転裁判シリーズは主人公が弁護士なのにする仕事は私立探偵に近い奇妙な場合。
探偵のライバル格キャラクターでは雰囲気が暗くない作品なら怪盗、雰囲気がもっと陰気であったら連鎖殺人魔がある。
それでもフィクションで登場する探偵が皆ロマンチックなイミジニャすればそれではない。 フィクションでも一番現実に近く描写される探偵があるにはあるのにその探偵がヒがシノ-蟹で小説 “探偵クラブ”の探偵キャラクターだ殺人事件が起こったことに対して事件に対する概要やボゴラブシで出す証拠物がトリックをプルオヘチゴナすることは一切ないし、被害者の不倫関係を見せてくれる写真や会社でお金を横領した書類などを見せてくれるのが全部。 小説内の探偵キャラクターが政界の V.I.Pだけ相対するということさえ除けば一番現実的である。 いや、実際政界の V.I.Pが探偵を雇ったらぴったりあんな姿が出るほどに現実の探偵に近い姿を見せてくれる。
その外にはドラマ “専門主婦探偵~私は影~”での女主人公と探偵キャラクターがする仕事もほとんど現実での探偵の姿。 2015年度に放映されたドラマである “探偵の探偵” また一般的に小説やマンガ/アニメーションを通じて探偵のイメージを描いて来た人々にそのイメージを破るぴったり良い内容で一杯だ[( … ) 初めから一般的なフィクションの探偵/推理物の設定が古臭くなって見るとむしろ現実的なイメージがもっと新鮮になった計算

カテゴリー
お気に入り