熟年離婚の定義とは?

熟年離婚の定義について、詳しく知りたい!

熟年離婚の定義とは?

熟年離婚の定義は、明確にあるわけではないらしいです。

一般的に熟年離婚というのは、結婚して20年以上の長期にわたって、同居した後、離婚するケースを指すようです。

だから、たとえば55歳で結婚して65歳で離婚した人の場合は、年齢的には明らかに熟年ですが、

先ほどの定義にあてはめると、熟年離婚には当てはまらないことになります。

芸能人の例

芸能人で熟年離婚したケースを考えると、

2012年に、俳優の宅麻伸さんが賀来千香子さんと離婚しましたが、

婚姻期間は1994年から2012年までの18年だったので、これは熟年離婚ではありません。

また、2015年12月には俳優の吉田栄作さんとモデルの平子理沙さんが離婚しましたが、

婚姻期間は1997年から2015年までの18年間でしたから、これもギリギリ熟年離婚ではないことになります。

離婚原因となるもの

長期間の夫婦生活になると、すれ違わない方が不思議だと感じることも多々あります。

それだけでなくても、男女ともに浮気する動物ですから、妻や夫以外の異性に目が移ることは自然なことです。

最近では、乙武洋匡さんの浮気騒動が各方面を騒がせましたが、浮気で夫婦仲は一気に冷え込みます。

幸いなことに、乙武さんなの場合は、また夫婦でやり直そう!という結論になったようですが、

多くの夫婦ではそうはなりません。

もし、広島で浮気調査を考えている方がいたら、「浮気調査 広島」で調べてみるといいかもしれませんね。

カテゴリー
お気に入り