探偵はあなたの街の味方

探偵というのは誰かの味方をしてくれるように感じます。 Read the rest of this entry »

探偵に夢見ること

探偵を雇ってしまうとすべてをあきらめてしまうことになってしまうのではないかという思いがあります。 Read the rest of this entry »

信頼性の高い探偵事務所

信頼性の高い探偵事務所に出会う方法としては、口コミを確認する方法があります。当然、依頼を検討している探偵事務所のHPに記載された口コミを見るのではなく、全然関連のない掲示板や専門の相談サイトにアップされている口コミを確認するようにしましょう。該当する探偵事務所と金銭的に無関係の人による口コミは、信頼できる情報なのは間違いありません。法律上では、既婚者が配偶者ではない人と性的に親密になることを不倫といいます。すなわち、法律の上では、男女関係に発展していなかったら食事をしたりカラオケに行く程度なら、不倫ではないのです。性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかもしれませんが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んでとんでもない修羅場になってしまうのは、ドラマのシナリオでもお馴染です。ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、殺傷沙汰にまでなってしまうサスペンスドラマも少なくありません。
Read the rest of this entry »

証拠はどこにあるのか

受付専任のスタッフがいて、どの程度の調査でいくら位のコストになるか仮見積もりを出してもらえます。 Read the rest of this entry »

平塚で良心的な興信所

尾行料金の相場はと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。

言うまでもありませんが、調査員が1人であれば安く、多いほど高くなります。
Read the rest of this entry »

若い男女を対象

米ニューヨーク州立大ゾスティンガルシア教授研究チームは昨年末特定遺伝子タイプが浮気と深い関連があるという論文を米オンライン科学ジャーナルフロス円(PLos ONE)を通じて発表した。 易しく言って ‘カサノバ遺伝子’を持った人が別にいるというのである。 研究チームは 181人の若い男女を対象で経験とドーパミンD4スヨングチェ(DRD4) 遺伝子形態を調査した。 DRD4は神経伝達物質であるドーパミン(dopamine)を受け入れる中枢神経スヨングチェ(D1~D5) 中一つだ。 飲酒 · 賭博など刺激的な感じを探す行動と関連あることと知られている。 研究チームによれば調査対象者の中で特定の遺伝子塩基序列繰り返し構造(7R+、最小 1回以上 7単位繰り返しが現われる場合)を持った人が四人中一人(約 24%)ざまであったが、これらはそうではないグループ(7R-)に比べて二倍近く ‘浮気’が強かった。 普通グループは 24%が 1回性性関係(one night stand) 経験があると回答したが、これらは 45%が同じ答をした。 外道経験もそれぞれ 22%と 50%で似ている格差を見せた。

探偵学園Qのドラマや動画

学会誌である ‘心理科学’に発表した論文を通じてだ。 ラムモス教授研究チームは専門職を対象にする雑誌購読者 1561人に外道経験あるいは今後の医者をアンケート調査した。 連れて ‘自らいくら力があると思うか’ ‘普段危険を冒す挑戦的性格か’ ‘家族と離れているか’ などを尋ねた。 その結果 “私は力が強い人”と言うのは自信感を表明した人であればあるほど外道性向が高く出た。 性別、家族との同居可否、性格などの変数は結果に大きい影響を及ぼさなかった。

 

 

離婚をするため探偵に調査を依頼する

浮気をされてすっかり夫婦の関係が冷え切ってしまったという場合には、離婚をするため探偵に調査を依頼する場合も多いと思います。 Read the rest of this entry »

シャーロックホームズ

どの国であるか捜査機関の能力に満足する人間と言うのは珍しいから結局小説、マンガ、映画、ドラマ等多くの媒体(特にミステリー物)では探偵が犯人をつかみ出して事件を結末をつける重要役目に描写されたりする。 特に探偵と言うのはイメージは一種の象徴のように固まるようになったしシャーロックホームズ Read the rest of this entry »

明確で言い逃れもできないような証拠を得るというのは…。

一般的に夫が妻が浮気していることを覚るまでに非常に長い月日が過ぎてしまうのが普通。家の中で一緒にいるにもかかわらず小さな妻の発する浮気サインをかぎ分けることができないからです。 Read the rest of this entry »

浮気相手が年下であると得意気になる人が多いのは…?

往々にして言えることではあるのですけれど、たとえ浮気がバレてしまっても、浮気相手が年下であると得意気になる人が多いのは、一体ナゼなのでしょうか。

そしてまた、若くて容姿がイケている相手との浮気ほどに、とくに女性ほど我慢ができずに周囲に言ってしまったりするのは、一体なんでなのでしょうね。

などとまあ、聞くまでもなくやはり自慢したいからなのでしょうね。「年下から選ばれた私」「特定のパートナーがいるにも関わらず寄ってきてくれた年下の恋人」といったようなところで、誰かかれかに誇示したいのでしょう。

しかしそれが既婚者である場合は、後々致命傷になりかねないというものですのに。そして私の周囲でも、そのような「内緒なんだけど、実は私今彼氏いて、それで年下で若くって…」というようなところから、一大事に発展してしまったケースがありますのでね。

ちなみに、年下の恋人(浮気相手)とは反対に、相手が「え?ナゼにこの相手…」だと、大多数の人に思われてしまうような相手の場合ですと、案外長続きしているのですよね。それはまあ、周囲に告げることなく続けていくからなのでしょうけれど。

浮気調査(恩納村)

カテゴリー
お気に入り